東京五輪女子バレーボール!メダル有力はこの国だ!

こんにちは!スポオタのぐっさんです。

今回は、東京五輪女子バレーボールのメダル予想をします!

女子バレーボールは強豪国がひしめき合い、どこが優勝するか予想が非常に難しい競技となっています。

近日、2018世界バレーが開幕になりますが、ブックメーカーというスポーツの試合結果を賭けの対象にするオッズでは

1位 中国   3.20倍

2位 アメリカ 3.20倍

3位 ブラジル 3.90倍

4位 セルビア 5.00倍

日本   41.00倍

と上位4チームが大混戦!

そんな中で、ぐっさんの大胆予想をしていきますので、お楽しみください!

銅メダル候補は日本!!

ぐっさんは銅メダルを日本と予想しています!!

上記のオッズではとても期待薄いようですが、あれはあくまでも優勝予想ですので、メダル獲得とは少し違います。

日本のメダル予想は個人的な期待ではなく、3位に入賞する可能性が十分あると思っています。

日本の世界ランクは6位と十分メダルを狙える上位に位置!

更に、リオオリンピック5位、ロンドンオリンピック銅メダル!、北京オリンピック5位とオリンピックの結果は悪くなく、相性は非常に良いと言えます。

2017年のグラチャンバレーでは中田久美新監督の元、世界ランク4位のブラジルを破り、世界ランク2位のアメリカとはフルセットまで追い詰める戦いを見せました。

中田監督は「初始動のチームで完成度は40%」と言っていた中、この輝かしい結果は期待十分と言えます。

この中田監督は現役時代セッターの名手でした。セッターはコート上の監督と言われるように、全日本の監督になる人物にはふさわしいポジションの経験者です。

事実、前柳本監督、前真鍋監督もセッター出身者です。全日本女子の監督が女性というのも新しいエッセンスで、非常に厳しい監督ですが、まとまりは強いです。

そして、何といっても開催国!

会場にはたくさんの日本のサポーターが埋め尽くすと思います。選手はいつも以上の力をだせる環境になりますね!

銀メダルはやっぱりアメリカ!

銀メダル候補はやっぱりアメリカでしょう(笑)

アメリカは平均身長が他国より高く、身長が重要なバレーボールという競技で非常に優位です。

そんなアメリカですが、体格を前面に出した攻撃主体ではなく。スピードがある攻撃を仕掛けてきます。

これが他国を苦しめるアメリカの強みです。身長をいかして、高いトスを多用し、力強いアタックをしてくるような一辺倒なバレーではないんです。

トスも長短、高低を織り交ぜた、相手のディフェンスにブロックを絞らせない攻撃をしてくるアメリカは非常に脅威です。

バレーボールのレジェンド、キライ監督の指導のもと、スピードのある攻撃ができるようになったアメリカは数々の世界タイトルを獲得しています。

圧倒的な強さで金メダル最有力!中国!

やはりバレーボールのメダル候補でこのチームは外せません。

中国は全チームの中で一番の平均身長が高いチームです。

ブロック、アタック全ての面で高さの優位をとれる中国は現状最強のチームと言わざるを得ないでしょう。

アメリカと同様に、身長だけではなく、オールマイティな選手が多く、戦術の幅が広いのも特徴です。

中国ではバレーボールは人気のスポーツで、国民の注目と期待が高いスポーツ。近隣国の日本会場では、中国サポーターも多く駆けつけ、ホームのような雰囲気を作ってきそうです。

東京五輪ではこの中国を破るチームがでてくるか?がまず注目ポイントとなります!

まとめ

東京五輪のバレーボールは皆さん楽しみにされている競技の一つですね!

その中、ぐっさんは日本のメダルの可能性は十分にあると考えています。

まずは2018の世界バレーで日本にどのような課題があるのか?

それを2年後の東京五輪で修正できるかが鍵になりそうです!

今からワクワクしますね(笑)

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!