滝沢秀明が金スマで語った全内容まとめ!極貧・解散・引退・泣けるエピソードも!

こんにちは!

本日12月28日に金スマで滝沢秀明(タッキー)が引退前にこれまでのことを語ってくれていました!

極貧時代の話、解散・引退の真相、これまでにファンが知ることができなかった過去が明かされ

心打たれた方も多いと思います。

そこで、今回はこの金スマで語られた内容をまとめていき永久保存版として滝沢秀明さんの記録を残しておきたいと思います。

まだ金スマを視聴していない人はネタバレの内容が含まれますので、予めご了承ください!

滝沢秀明が金スマで語った全内容まとめ!

それでは早速まとめていきます!

滝沢秀明の極貧時代

滝沢秀明さんは幼少期とても貧乏な生活でした。

早くに両親が離婚し、女手一つで育てられた滝沢秀明さんは極貧であったことを語っています。

「鉛筆一本・消しゴム1個を買うお金もない」

「兄弟3人で毎日食べるものもなく、1つのお菓子を分け合って夕食の代わりにしていた」

「毎日、こどもがお金を得る手段がないか考えていた」

「服を買うお金がないから、冬にタンクトップ1枚」

これまでに語られることのなかった極貧時代です。金スマで初めて滝沢秀明さんの口から極貧時代の事が触れられて、衝撃を受けた方も多かったようです。

ジャニーズへ応募

ジャニーズはこどもが稼げる手段として応募をしました。

姉がキンキキッズのコンサートを見ていたことがきっかけとなったようです。

当時はジャニーさんのこともわからず、具体的にジャニーズがどういうものかもわからないまま応募

面接会場にはぼろぼろの服で行き、これまでやったことがないダンスを披露しました。

偶然にも、後にユニットを組む翼との出会いもあったと語っています。

ジャニーさんは父親のような存在

早くに父親がいなくなった滝沢秀明さんはジャニーさんを父親のように慕い、ジャニーさんから多くを学びました。

演出・生活の規律など、ジャニーズだけではなく、人間面の教え。

当時、思春期ということもあり、ジャニーさんにあたることもあったようですが、それを全て優しく受け止めてくれたといいます。

さらに、特別扱いのような待遇も受けており、食事にも行っていた過去を明かしました。

滝沢秀明さんはジャニーさんから一目を置かれていたjrだったようです。

滝沢秀明が面接官とプロデュース?

今回現役を引退後は裏方に周り、演出やプロデュースをしていくとされていますが、実はjr時代からそのようなことを任されていました。

ジャニーズの面接官を担当したり、なんと嵐のデビューまで演出したといいます。

ジャニーさんと嵐の売り出し方について相談し、今後のジャニーズの方針を決めていたこともあるとか。

jr時代とは思えない活躍ですね!

元々、こういう才能に恵まれていたのかもしれません。引退後の活動も目が離せません。

他のjrからの妬み・嫉みは日常

これだけ活躍している滝沢秀明さんですから、周りのjrはおもしろく思わない人もいます。

8時だJではメインMCにも抜擢され、さらに、活躍の幅を広げる滝沢秀明さんに対し周りは冷たくあたり、嫌がらせもあったとか。

そんな滝沢秀明さんは耐えきれずに、母親に連絡。本当にやめることも考えていたそうです。

それを母親が優しく受け止めてたからこそ、やめることを思いとどまり、今の滝沢秀明さんがあるのではないでしょうか?

 

いかがでしょうか?

金スマではこれまでに語られることのなかった事実が明かされ、衝撃を受けたとともに、

滝沢秀明さんのことを応援したいと思う人も増えたと思います!

これから引退後も活躍の場を広げていく滝沢秀明さんを応援していきましょう!

金スマ視聴したファンの声・感想まとめ

今回の金スマは大反響を呼んでいます。

皆さんの声・感想をまとめていきます!

滝沢秀明さんへの称賛の嵐ですね!

まとめ

今回は「滝沢秀明(タッキー)が金スマで語った全内容まとめ!極貧・解散・引退・泣けるエピソードも!」ということで

金スマで語られた内容をまとめてみました!

今回の放送でタッキーのファンが増えたことは間違いなしですね!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!