伊藤美誠のライバル!平野美宇は東京五輪で輝けるか?

こんにちは!スポオタのぐっさんです。

今回は未だに10代ながら、日本女子卓球界を背負う逸材平野美宇選手をご紹介します!

平野選手は伊藤美誠選手とコンビを組んだ「みうみま」コンビで有名になりましたね!

コンビを組んだ伊藤選手とは、同学年で幼い頃からのライバル!

2018年9月現在の女子卓球世界ランキングでは平野選手は9位で、伊藤選手が7位と劣りますが、その実力は僅差です。

更に最近は上り調子で絶好調!

それでは黄金世代の1人、平野選手の経歴からみていきましょう!

みうみまコンビで大活躍!

2014年のワールドツアーの女子ダブルスで、みうみまコンビが優勝!

コンビ2人の合計年齢が27歳と史上最年少記録となり、ギネスにも認定されました!

アジア大会では福原愛選手以来の中学生で全日本代表に選出され、銀メダル獲得に貢献しました!

幼少期から、大活躍の平野選手でしたが、リオデジャネイロオリンピックの全日本代表に落選。

世界ランキング順で「石川選手」「福原選手」「伊藤選手」に次ぐ4番手となり、補欠に回ってしまいます。

本人も非常に落ち込んだと話しています。しかし、そこで腐らずに全日本のために練習相手を務めるなど、バックアップに徹しました。

その経験をばバネにオリンピック以降躍進を続けます!

2016年10月のワールドカップでは、史上最年少記録で優勝!

更に、中国スーパーリーグに所属し、世界最高のリーグで技術を磨くことになります。

2017年の全日本卓球選手権で3連覇中の石川選手を下し、史上最年少記録で優勝!

対戦した石川選手は成長した平野選手に驚き、実力を認めました。

そして、アジア卓球選手権では団体で中国に敗れ銀メダルとなったものの

シングルスで世界ランク1位の丁寧選手、世界ランク2位の朱雨玲選手、決勝では世界ランク5位の陳夢選手を破り優勝!!

史上最年少で優勝し、日本人で優勝は21年ぶりの快挙となりました!

試合巧者と高速ラリー

数々の史上最年少記録を塗り替えタイトルを獲得してきた平野選手。

アジア大会では格上の中国選手を次々に破り優勝しましたが、その強さの秘訣は

「高速ラリー」と「試合巧者」が挙げられます!

平野選手はこれまで、バックハンド、フォアハンドの威力が中国選手と比べると弱いという欠点がありました。

しかし、コーチが変わってからは、ウエイトトレーニングを積み筋力をつけることはもちろん、力の伝え方に工夫をし、今までとは全く違う威力のボールを打てるようになりました。

元々とかったコントロールに威力が加わったことで、平野選手は中国選手と渡り合える力を手にしました。

そして、非常に賢いと周りの関係者は言います。

試合中は闇雲にラリーをするのではなく、相手に打たせるボールを返したり、仕掛けるタイミングの見極めがうまかったりととても試合巧者で10代の選手とは思えません。

まとめ

練習の虫と呼ばれるほど、練習熱心な平野選手。年齢も10代とまだまだ伸び盛りで将来が非常に楽しみな選手!

最近は「みうみま」コンビを見られていないため、東京五輪で「みうみま」コンビが復活し、ダブルスでメダルを獲得したら

日本が湧くこと間違いないですね!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!