BTS(防弾少年団)ライブ2019の当選倍率がやばい!先行と一般も比較!

こんにちは!

BTS(防弾少年団)世界6都市をまわるスタジアムツアーを開催することを発表しましたね!

その名もスタジアムツアー「Love Yourself:Spreak Yourself」です!

5月4日のロサンゼルスにあるローズボウル・スタジアム公演を皮切りに、

シカゴのソルジャー・フィールド、ニュージャージーのメットライフ・スタジアム、ブラジルのサンパウロにあるアリアンツ・パルケ、イギリスのロンドンにあるウェンブリー・スタジアム、フランス パリにあるスタッド・ド・フランスの6都市で開催!

さらに7月の2日間、日本で4公演を開催することも決定したよ!

これは楽しみですね!

BTS防弾少年団の最大の持ち味と言えば圧倒的ななダンスパフォーマンスですね!過去のライブでも存分に魅せてくれましたね!今回も期待したいですね!

BTS(防弾少年団)ライブ2019の会場と日程をチェック!

さあ!会場と日程をチェックして行きましょう!

「日程・会場」
〇大阪
ヤンマースタジアム長居
2019年7月6日(土)
開場14:00/開演16:30

2019年7月7日(日)
開場14:00/開演16:30

〇静岡
エコパスタジアム
2019年7月13日(土)
開場14:00/開演16:30

2019年7月14日(日)
開場14:00/開演16:30

以上になります!

今回のツアーは土日中心に組まれている日程のため、とても参加しやすいですね!

全部回れちゃう人もいるのでは!?いずれにしても楽しみですね!

BTS(防弾少年団)ライブ2019の当選倍率がやばい!先行と一般も比較!

皆さん気になる当選倍率を考えてみました!

当選倍率予想!!先行と一般を比較!

それでは日程と会場を確認してきたところで気になる当選倍率予想をみていきましょう!

当選倍率は総応募数÷総座席数=当選倍率

となりますね!

調べた所によると総座席数は195778席!

この人数を総応募数で割ってみます!

では総応募数を確認してみましょう!

BTS(防弾少年団)ライブ2019の総応募数は?

BTS(防弾少年団)ファンクラブ会員数を調べてみました!なんと!約15万人!

と言うは、仮に1人2枚チケットを申し込んだとしてみましょう!

そうなると倍の約30万人です!

お仕事などいろいろな事情で参加出来ない方を考慮したとして約80パーセントの応募としてみましょう!

すると24万人ですから

約80%の方が応募するとして計算すると24万人の方が応募する計算です。

計算すると

総応募数(24万人)÷総座席数(195778万人)=1.22倍

約1.22倍となりますね!

すると、倍率が1.22倍と言うのが予想結果となります!

でも実際はどうなんでしょうね!

人気のBTS(防弾少年団)ですから当然これより増えてもおかしくありませんね!

あくまでも全体予想ですので会場と日程、先行と一般でばらつきがあります。

そこについて触れてみますね!

会場と日程で倍率変化!?

同じライブツアーでも会場と日程によっては当選倍率が変わるのですが、例に上げると

関東の中心に近い会場ほど倍率があがります。逆に地方にいくほど、倍率は下がりますよ!

日程は、土日祝日の方が平日より応募が集まりますね!

しかし、今回は大阪と静岡の土日ですから、関西圏は大阪へ、関東圏は静岡へ行くでしょう!

ですので、ほとんど当選倍率は変わらないと思います!

先行と一般はどれくらい倍率が違うのか?

先行販売の方が、一般販売よりも当選の可能性は高いのはよくあるお話ですね!

先行はファンクラブ限定ですから、そこは優遇されますね!

およそ3~5倍ほど確率が違うと噂されています!

ですのでチケットを入手するなら、先行販売からチャレンジしてみて、もし落選したら、一般にチャレンジしてはいかがですか!

まとめ

今回は「BTS(防弾少年団)ライブ2019の当選倍率がやばい!先行と一般も比較!」ということで

BTS(防弾少年団)ライブツアー2019のチケット当選倍率についてみてきました!

皆さんがチケットを無事にゲットできることを願っております!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です