東京五輪女子体操!メダル最有力候補の杉原愛子に注目!

こんにちは!スポオタのぐっさんです。

今回はリオデジャネイロオリンピックでメダルまであと一歩のところまで迫った

全日本体操女子杉原愛子選手をご紹介していきます。

高校生の時に全日本女子体操のメンバーに選ばれた杉原選手は初のオリンピック出場ながら

団体で4位入賞に貢献しました!

これからの益々の活躍を期待される杉原選手をみていきましょう!

2017年の世界選手権で個人総合6位!

2015年の全日本体操個人総合選手権では15歳ながら、3位入賞。

その後のNHK杯体操選手権では初優勝を果たしました!

リオデジャネイロオリンピック選考会を兼ねた2016年の全日本体操個人総合選手権と、NHK杯個人総合でどちらも3位入賞し、日本代表に選出されました!

リオデジャネイロオリンピックでは女子日本体操界で1964年ぶりのメダルまであと一歩のところまで迫りましたが、惜しくも4位でフィニッシュ。

この結果から、東京オリンピックでのメダルの期待が益々上がっています。

そして、リオデジャネイロオリンピック終了後の翌年に行われた世界選手権では個人総合6位に入賞!

成長をみせました!

できるまでやめへん!

杉原選手はとにかくストイック!

練習熱心で、1日のタイムスケジュールも自分で徹底的に管理しています。

杉原選手は「できるまで、やめへん!」という強い精神のもと日々のレベルアップに繋げています!

「人が楽しめる、見とれるような演技をしたい」と語る杉原選手ですが

演技の特徴はなんといっても美しい姿勢でしょう!

開脚はなんと200度まで開くことが可能(笑)

体操選手の中でもトップレベルの体の柔らかさを持ちます!

そして、その柔軟さから演技でみせる「ひねり」については非常に美しく、ポイントが高いです。

東京オリンピックでメダルを獲るには?

東京オリンピック時は20歳と、体操選手では一番良い時期に迎えることになる杉原選手がメダルを獲るにはどうすればよいのか?

トップクラスの柔軟で美しさは申し分ない演技をもっている杉原選手に足りないのは何といっても

技の難度と言えます。

美しさをいくら磨いてもメダル獲得まで届く得点には至りません。

技の難度をあげることで演技構成の総合点の底上げをする必要があります。

当然、杉原選手もそのことはわかっているため、

最近の大会では合計点数の底上げをはかり、4種目合計で2点近く上げてきました。

このまま、総合点の底上げをはかり、かつ美しい演技を続けることができれば東京オリンピックでメダルをとることは可能だと思います!

まとめ

杉原選手は女子日本体操のメダル獲得の期待を背負う日本のエースです。

1964年ぶりのメダルを東京オリンピックで獲得できれば感動間違いなしですね!

練習にストイックな杉原選手はインタビューで「残りの2年間を東京オリンピックのためだけに費やしたい」と語るほど熱も入っています!

半世紀ぶりのメダルを期待しましょう!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!