内村航平の最近の調子は?東京五輪でメダルをとれるのか!?

こんにちは!スポオタのぐっさんです。

今回は男子体操界で「キング」と呼ばれる日本の大エース内村航平選手をご紹介します!

正に日本のスポーツ界の生きるレジェンドである内村航平選手は

北京・ロンドン・リオデジャネイロのオリンピック3大会に出場し、個人総合2連覇を含む7個のメダル獲得!

更に世界選手権では個人総合で前人未到の6連覇を達成し、全世界から敬意を表し「キング」と呼ばれるようになります。

そんな内村選手は東京オリンピック時の年齢は31歳。

東京オリンピックでメダルを獲れるのか考察していきます。

怪我により伝説に終止符

内村選手はこれまで世界で連覇を重ねて国内外で敵なしでした。

しかし、いつまでも続きません。

2017年の世界選手権の時に、左足首を負傷して途中リタイアとなります。

これで、国内外の大会の個人総合の連勝記録、オリンピックと世界選手権を合わせた8年連続の世界一という大記録が途絶えたことになりました。

この怪我の影響からなのか、復帰後2018年の個人総合選手権では11連覇が期待される中、個人総合3位に終わり、連覇が断たれました。

怪我の影響、年齢からみても引退になってもおかしくないような状況でしたが、

内村選手は東京オリンピックに向けてとても高いモチベーションがあります。

「東京オリンピックは最終章。31歳でも活躍できる姿を見せたい」とのことからも、この不遇の状況を跳ね返します!

2018年に行われた、NHK杯の個人総合で白井健三、谷川翔などの若手を抑え10連覇を達成!

復活の兆しを見せました!

内容はかつての内村選手の全盛期とは言えるような内容ではありませんでしたが、ベテランらしく最後まで諦めず粘り

得意の鉄棒で大逆転優勝をする展開でした。

このNHK杯の優勝により、今年の世界選手権の代表にも選ばれ、世界でリベンジをするチャンスも獲得しました!

全盛期とは程遠い仕上がりですが、内村選手が語るように

体力面が落ちても経験はなくなりません。

「キング」の経験を活かした試合運びを見せてくれれば、世界選手権の王者返り咲きも十分あるんじゃないでしょうか!?

東京オリンピックにキングは必要!!

日本男子体操界には幸いなことに白井健三選手(全日本体操新エース!白井健三は東京五輪で何個のメダルを獲れるのか?)や全日本個人総合選手権で優勝した谷川翔選手

が台頭してきています。

しかし、彼らに圧倒的に足りないものは経験です。

内村選手は長年の間、チャンピオンで居続けた勝者のメンタリティーは全日本の団体戦において必要です!

恐らくラストになるであろうキングの姿をみる若手は今後の成長で大きなものを得ることができそうですね!

なにより、1ファンとしてキングの有終の美をみたいですよね(笑)

まとめ

これまで日本体操界を支えてきたキングが東京オリンピックを集大成として、調整しています。

決して若くない年齢で臨む内村選手に熱くなりますね!

是非、最後のオリンピックでメダルを獲って引退をしてほしいですね!

みんなで内村選手を応援しましょう!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!