東京オリンピック男子体操代表候補は!?現在の有力者を紹介!

こんにちは!スポオタのぐっさんです。

今回は東京オリンピック男子体操の代表候補選手を紹介していきます!

リオデジャネイロオリンピックでは、男子体操団体で見事に金メダルを獲得したことは記憶に新しいところですね!

東京オリンピックでは2連覇がかかっている訳ですが、その期待に応えるであろう、現在の有力選手を紹介していきます!

世界のキング!内村航平選手!

まず一人目は言わずと知れた日本男子体操の絶対的エース!内村選手です!

北京、ロンドン、リオデジャネイロオリンピックの3大会に出場し、個人総合2連覇!そして7個のメダルを獲得しました!

世界選手権でも、個人総合を6連覇し、世界からも称賛の嵐(笑)

「キング」と呼ばれるほどの選手になりました。

東京オリンピック時は31歳であり、最近の怪我が心配されるところですが、内村選手はこんな壁はすぐに超えてくるでしょう!

東京オリンピックで有終の美を飾ってほしいですね!

内村選手について詳しくはこちらで(内村航平の最近の調子は?東京五輪でメダルをとれるのか!?

次世代エース!白井健三!

間違いなく、日本男子体操の次期エースとして活躍が期待される白井健三選手です。

前回のリオデジャネイロオリンピックでは内村選手と共に団体総合で金メダルを獲得しました!

床を最も得意とし、自分の名前が入った技も多く持ちます!

床では現在敵なしの強さを誇る白井選手は団体でも力を発揮してくれるでしょう。

白井選手について詳しくはこちらで(全日本体操新エース!白井健三は東京五輪で何個のメダルを獲れるのか?)

安定感抜群!加藤凌平!

加藤選手もリオデジャネイロオリンピックで団体金メダルを獲得した選手です!

実はこの加藤選手が団体金メダル獲得の影の功労者だったんです。

あの内村選手も大会後に「凌平がMVPだな!」と話しています。

あまりMVPと目立っていない加藤選手ですが

・団体の予選で6種目中5種目の1番手で起用されノーミスの会心の演技を披露した

・決勝では内村選手に次ぐ5種目を任され、ノーミスで金メダル獲得に貢献した

この2点から影のMVPと言われています。

大事な大会に合わせる調整能力と、強靭なメンタルは東京オリンピックでも非常に貴重な存在になりそうです!

全日本新チャンピオン!谷川翔!

現在、大学に通う谷川翔選手は2018年4月の全日本体操競技選手権で

内村選手、白井選手を抑え、19歳という若さで史上最年少記録で優勝しました!

今まで内村選手が持つ連覇の記録をこの19歳が打ち破ったことで、一気に注目を浴びた谷川選手は

東京オリンピックの代表候補に急浮上!

谷川選手の特徴は穴がないということ!

全ての競技を高いレベルで演技し、オールラウンドプレイヤーの実力を見せました!

オリンピックでも、多くの種目ができる谷川選手は期待がかかりますね!

まとめ

今回は4選手をご紹介しましたが、オリンピックの代表選手は5人です。

実はぐっさんも5人目が選びきれませんでした。

良い選手は多いんですが、この選手!!っていう選手がいないため、

あと2年間の活躍で5人目の選手を見極めていきたいと思います!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!