東京五輪日本代表スタメン!現時点のレギュラー第一候補

こんにちは!スポオタのぐっさんです。

今回は東京オリンピックサッカー日本代表の現時点のレギュラー候補を発表します(笑)

一部、私の独断と偏見で決めている部分もありますが、東京オリンピック世代については調べつくしているつもりなので、そこそこ良い線のメンバーだと自負しています(笑)

私の日本のレギュラーメンバーを見ていただいて、皆さんの考えるメンバーと比べて楽しんでください!!

ぐっさんの11人の戦士たち

ぐっさんジャパンのフォーメーションは4-5-1です!

〇早速、ゴールキーパーから発表します!

正守護神は波多野豪選手!

屈強な体格を活かし、日本の高き壁として、ゴールマウスを任せましょう!

ゴールキーパーについてはこちらの記事(東京オリンピックの正守護神は誰になる?徹底考察!)でまとめていますので、是非ご覧ください!

〇ディフェンス陣!

左から杉岡大暉、中山雄太、富安健洋、藤谷壮!

ちなみに中山雄太選手はキャプテンを務めてもらいます。

センターバックの中山雄太と富安についてはこちらの記事(中山雄太ベストヤングプレーヤー賞受賞!東京五輪世代最強CB!)でまとめていますので、是非ご覧ください!

左サイドバックの杉岡選手は湘南ベルマーレに所属。名門市立船橋高校を卒業後、高卒ルーキーでJ2開幕戦に先発デビュー!

そして、開幕戦の次試合ではサイドバックの選手ながら初得点を決めてしまいました(笑)

世代別の日本代表にも選ばれ、U-20W杯でも活躍しました。杉岡選手は182cmの恵まれた体格を持ち、貴重な左利きの選手です。

攻守の切り替えの速さ、球際の強さ、ドリブルなどを見ると、左サイドバックは杉岡選手で決まりでしょう。

〇中盤!

私の中盤は現日本代表と同じWボランチにトップ下を置くスタイルです。

まずはWボランチに平川怜、板倉滉を据えます。

平川選手は若いですが、ゲームメイク能力は世代NO1の実力者

板倉選手は長身で、センターバックもこなせるなど守備面で安定しています。

バランスが良い2人と言えますね!

次にウイングです。

左に伊藤達哉、右に堂安律選手とします!

伊藤選手はドイツの名門ハンブルガーSVで活躍し、貴重な海外経験を持つプレーヤー。

小柄ながら、ドリブルの突破力が持ち味で、ロシアW杯で活躍した乾選手にプレースタイルが似ています。

堂安律選手についてはこちらの記事(日本サッカーがメダルを取るには堂安律が必要な理由!)でまとめていますので是非ご覧ください!

最後にトップ下は久保建英選手!

飛び級での選出になりますが、誰もが知ってる天才プレーヤー!

バルセロナの下部組織に所属していた、久保選手は既に一つ上の世代の中でも、抜きんでた存在です。

さらに詳しくまとめた記事(サッカーオリンピックでベストば配球役は久保建英で決まり!)もありますので、ぜひご覧ください!

ぐっさんジャパンのエースは!?

小川航基選手で決まり!

現時点では小川選手の対抗となる選手もいないほど、東京五輪世代のセンターフォワードは小川選手がぶっちぎりです!

高い得点能力、ポストプレーなど、必要不可欠な選手です。

小川選手のまとめ記事(不動のエース小川航基!日本の得点力不足解消となれるのか?)はこちら

まとめ

ぐっさんジャパンのフォーメーションは

ーーーーーーー小川航基ーーーーーーーー

ー伊藤達哉   久保建英        堂安律ー

ーーーーー平川怜  板倉滉ーーーーーー

杉岡大暉   中山雄太    富安健洋    藤谷壮

ーーーーーーー波多野豪ーーーーーーーー

となります!

いかがでしたでしょうか?皆さんのメンバーと違いはありましたか?(笑)

2020年の東京五輪のメンバーがこれと同じなら嬉しいですが、

これから、もっと悩めるほどの選手が出てきたらさらに嬉しいことですね!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!