サッカー東京五輪のMVP選手候補5選!

こんにちは!スポオタのぐっさんです。

今回はサッカー東京オリンピックでMVPを獲る可能性が高い選手を5人紹介していきます!

オリンピック世代の注目選手になりますので、前情報として知っていれば、更に東京オリンピックを楽しめると思います!

MVPを獲る選手は当然大会で活躍した選手になるわけですが、大体、優勝した国から選ばれます。

なので、ある1人の選手が大活躍をしても、チームが上にいけないと選ばれる可能性は低くなります。

私はその可能性も考慮して選出しましたので、選手個人の実力だけではなく、所属国の力(東京五輪サッカーのメダル本命国を徹底予想してみた!)もあわせて考察していますので、他の紹介記事とは違う内容になりますのでお楽しみに!

それでは、みていきます!

〇ナイジェリア代表 ケレチ・イヘアナチョ

えっ誰?って感じでしょうか(笑)

現在、プレミアリーグの名門マンチェスターCに所属しているセンターフォワードの選手です。

マンチェスターCにはセルヒオ・アグエロ選手がいるため、先発での出場機会は少なかったですが、途中出場ながら、驚異的な結果を残しました。

それは出場時間当たりの得点数が2位・得点率1位という結果です。

リーグ戦では8得点をあげていますが、途中出場が多いため、これを出場時間で計算をし直すと。リーグ2位の得点数ということになります。

さらに、93分に1得点と驚異的な得点率を記録し、リーグ1位の結果になりました。

93分に1得点ということは、先発出場すれば毎試合1得点をする計算になります。どれほど恐ろしい数字かわかりますね!

さらにさらに!

U-17ワールドカップではナイジェリア代表は総得点26得点という攻撃力で優勝していますが、

イヘアナチョ選手は6得点7アシストと総得点の半分を演出し、MVPに選ばれています!

どうでしょうか?この選手のクオリティがわかってもらえたと思います。

私の個人的なメダル予想(東京五輪サッカーのメダル本命国を徹底予想してみた!)では3位にナイジェリアを置いていますので、十分MVPを狙える選手だと思います。

〇フランス代表 キリアン・エムバペ

先ほどのイヘアナチョ選手とは反対に、当然だと皆さんがっくりされましたか?(笑)

ガチで5選手選ぶ上で避けて通れない選手なので許してください・・・

ロシアW杯では優勝に大きく貢献する活躍を見せ、最も注目された選手ですが、東京五輪に出場できる年代なのです。恐ろしい・・・

〇フランス代表 ウスマン・デンベレ

バルセロナに所属し、ロシアW杯にも出場しました。

バルセロナ史上最高額での移籍金で移籍をし、背番号もブラジルのネイマール選手から「11」を引き継いだ期待値NO1の選手です。

現在ではそれに見合った活躍を見せることができていません。ロシアW杯でも、途中からはレギュラーから外されています。

ですが、選手の実力は間違いありません。2年後の東京五輪では覚醒する可能性があり、候補として挙げます!

〇ブラジル代表 ガブリエル・ジェズス

既にブラジルのセンターフォワードとして、レギュラーに定着しロシアW杯にも出場しています。

ブラジルのパルメイラスで大活躍をし、クラブを優勝に導いたあと、マンチェスターCに移籍をしています。

U-20ワールドカップではブラジルの準優勝に貢献しました。

しかし、ロシアW杯では無得点で終わり、本人も大会後のコメントで「抜け殻のようだ」と発言しています。

デンベレ選手同様、東京五輪世代では間違いなくNO1のストライカーです。活躍を期待しましょう!

〇ブラジル代表 マルコム

フランスのボルドーでその名を世界に知らしめ、イタリアの名門ローマに移籍の予定でしたが、

横からバルセロナが強奪し、ローマへ行かずバルセロナに移籍したことで有名な選手です。

バルセロナが強奪するほどの逸材はサイドからキレのあるドリブルで相手陣を切り裂くプレーを得意としており、ブラジルの攻撃陣をけん引していくことでしょう。

ブラジルが金メダルをとるには、間違いなく、マルコム選手の活躍が必要になります。

ブラジルが優勝したら、ジェズス選手かマルコム選手がMVPとなるはずです。

〇まとめ

この5人の選手が間違いなく、大会を引っ張っていくでしょう。

この5選手以外にも活躍する選手が現れ、私の予想が全く的外れなものになれば、それはそれで面白い大会になりますね。(保険w)

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!