川崎フロンターレがJリーグを連覇した強さの理由を解説!秘密と特徴も!

こんにちは!

とっても嬉しいニュースが飛び込んできましたね!

Jリーグで川崎フロンターレが見事に2連覇を達成!

川崎フロンターレファンの私はテレビの前で選手と一緒にガッツポーズをしていました(笑)

Jリーグの連覇はサンフレッチェ広島の2012、13年以来!

私としては勝って優勝を決めてほしかったですが、そんな贅沢もいってられないですね!

一時は勝ち点が10点以上も離れていたんですから!

そこから逆転できる川崎フロンターレは今回の連覇で真のJリーグ王者になれたんではないでしょうか?

今回はその川崎フロンターレの強さの秘密を1人の大ファンとして徹底解説していきます!

それでは早速みていきましょう!

強さの秘密 その① 絶対的司令塔の存在

まずは今期のMVPと個人的には思っている中村選手の存在!

中村選手は川崎のキャプテンとして2連覇に大きく貢献しました!

年齢でいえば、かなりのベテランの領域ですが、

年齢をマイナスに感じさせない運動量をみせています!

なぜ前回のW杯に選ばれなかったのか疑問がでるくらいの選手です!

優勝がきまった直後の中村選手の表情をみてグッときましたね!

中村選手は川崎の心臓として攻撃のタクトをふりました。

中村選手がボールを持つと攻撃のスイッチが入り、パスに魅了されます。

これは実はデータでも証明されています!

ゴール・アシストランキングというのはよく聞きますが、これ以外にラストパスランキングというものがあります!

これで中村選手は2位に圧倒的な差をつけて1位に輝いているんです!

つまり、Jリーグでもっともチャンスを演出した選手ということになります!

守備面でもハードワークをみせていました!

大ベテランのそんな姿をみたら、チームメイトは頑張らずにはいられませんね!

そういう意味でも存在としても非常に大きい選手でした!

強さの秘密 その② エースの安定感

川崎のエースといえばもちろん小林選手ですね!

あと数試合を残し、得点ランキングは3位と安定的な活躍をみせています!昨年に続き得点王は難しい状況ではありますが

要所での決定力はエースとしての責務を果たしましたね!

日本代表にも選出され、川崎になくてはならない得点源です!

中村選手との相性も抜群で、今シーズンもこの二人で多くのチャンスを演出してくれました!

私は当初この選手が川崎に入ったときはここまで成長するとは考えていなかったんですが、見事に期待を裏切ってくれましたね!

強さの秘密 その③ 走行距離数の少なさ

えっ?それって強さの秘密なの?と思われる方もいるかもしれません。

川崎は1試合の走行距離数の平均値が全チーム中最下位です!

今は全員攻撃、全員守備のハードワークが求められていますが、時代に逆行した王者です!

なぜ走行距離数が少ないのが良いのかを解説していきます!

走行距離数が少ないということは自分たちがボールを保持している時間が長いということです!

サッカーは攻撃よりも守備のほうが走ります。

つまり、走行距離数が多ければその分守備をする時間が長いということなので、走行距離数が多いからといって良いチームとは言えないんです!

川崎はボールを保持し、自分たちの攻撃時間が多いため、走行距離数が他チームより少ないんです!決してハードワークをしていないわけではないんです。

実際、走行距離数の下位は鹿島、浦和と続いており、Jリーグの順位と反比例していることがわかります!

川崎の強さの秘密は自分たちがボールを保持し攻撃し続けることでチャンスを多く演出していくことで、走行距離数が減り体力も90分間持続できるからハードワークをし続けられるところにあります!

強さの秘密 その④ パスサッカーの完成

あのヴィッセル神戸のイニエスタが川崎と対戦した時に驚きのコメントを出したほど

川崎のパスサッカーは完成してきました!

全選手が落ち着いてパスを回すことができます。

それは止める・蹴るという基本がしっかりできているからと風間監督はコメントしてますね!

ボール保持率の話は③でもした通りですが、ボールを保持していくことができるチームは本当に強いです。

世界ではバルセロナがパスサッカーで有名ですよね!

見ているこっちがハラハラするようなパスワークを川崎の選手は平然とやってくれます!

本当に良いチームになってくれました!(笑)

まとめ

優勝直後で興奮しながら書いていきましたので、多少の粗相はお許しください(笑)

なんといっても優勝して本当にうれしいですね!

来年は夢の3連覇に向かって私も応援し続けます!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!