東京五輪サッカーのメダル本命国を徹底予想してみた!

こんにちは!スポオタのぐっさんです。

今回は東京オリンピックのメダル獲得本命国を徹底予想します!

2018年9月現在では出場国、出場選手が決まっていませんが、あらゆる可能性を考えました(笑)

それでは、金、銀、銅の順でランク付けしていきますので、是非ご覧ください!

銅メダル候補!ナイジェリア!

私のメダル候補3番手はナイジェリアです!

少し、意外だったのではないでしょうか?(笑)

でも、理由を聞いてくれれば納得してもらえると思います。

なんといっても、圧倒的な身体能力!

アフリカ勢特有の身体能力は、既にU-23世代の選手でも完成しており、他国の選手とは全く体格が違います。

日本の選手のU-23世代はやはり、まだ少し身体が小さいような感じがしますが、アフリカ勢は正に大人で一回りも、二回りも大きさが違うんです。

U-23世代の大会では技術面で完成していない大会になります。そこに圧倒的なフィジカルで勝負をしてくるアフリカ勢は優位に立つことでしょう。

事実、世代別の世界大会では必ず3位以内にアフリカ勢が入っています。

U-17ワールドカップでは2013年、2015年とナイジェリアが連覇しているのです!!

2013年の優勝メンバーは2020年では23歳前後になります。つまり、かつて世界を制した世代が東京五輪でまた再結集し、暴れまわるのです!

どうでしょうか?恐ろしいでしょう?(笑)

ナイジェリアは確かにスター選手と呼べる選手はいませんが、全員が高い能力を持ちます。

オーバーエージ枠も、逆にチームの輪を乱すため、呼ぶ必要がないように感じます。

技術ではなく、フィジカルで勝負をしてくる、ナイジェリア代表は、日本にとって一番対戦したくない相手と言えますね!

銀メダル!フランス!

これはナイジェリアと違い、みなさん予想できるところではないかと思いますし、金メダル予想に挙げている人も多いのではないでしょうか?

ロシアW杯で旋風を巻き起こしたエムバペや、バルセロナに所属するデンベレなどスター選手を擁します。

この二人の実力は言うまでもないことですので、割愛しますが、フランスを金メダル候補に置けなかった、理由があるんです。

それは、エムバペとデンベレのスターの共存が難しいことです。

エムバペとデンベレはロシアW杯ではレギュラーメンバーとして出場していました。しかし、エムバペが活躍する一方、デンベレは目立つことが出来ず、チームにフィットしませんでした。

そして、監督がエムバペとデンベレの共存ができないと判断し、大会途中にデンベレはレギュラーメンバーから外れてしまったのです。この事実がある以上、東京五輪でも共存ができるか少し不安要素となっています。

以上から、銀メダルとしました。

金メダル!ブラジル!

意外性がなくすいません(笑)

2016年のリオデジャネイロ大会に続いて連覇を予想します!!

でも、実は東京五輪世代にはスター選手がいないんです。

実は、今回私が、金メダル候補とした理由はそこにあります。

ブラジルの東京五輪世代は全員が高いレベルをもち、既に欧州のトップチームで活躍している選手ばかりです。

注目選手を強いて挙げるとすれば、ガブリエルジェズス選手でしょうか。ロシアW杯ではブラジルのセンターフォワードのレギュラーとして出場していますが、無得点で終わっています。

ブラジルの選手は全員が、80点と考えてください!

先ほど紹介したフランスには2人の90点超の選手がいますが、他が70点のイメージ

選手の平均点が高いため、バランスもよく隙がありません。

そしてブラジルには切り札があります・・・

それは、オーバーエージ枠でネイマール選手の招集

ネイマール選手は前回大会でブラジルが優勝した時も、オーバーエージ枠で出場し、別次元の活躍をみせ、優勝に導きました。

若手のチームにうまく、溶け込み、持ち前のドリブル突破で得点を演出します。

80点の選手たちの中に、世界トップのネイマール選手(95点笑)が入れば強くて当然ですよね!

まとめ

ぐっさんの予想はブラジルの大会連覇!!ということになりました。

しかし、若い世代の選手の大会のため、波乱が起きる可能性も大あり!

視聴者としては、波乱がある大会のほうが楽しめますが(笑)

もちろん、日本も表彰台にあがれるように頑張って欲しいところですし、応援するのは日本です!!

それでは、大会終了後に予想的中を自慢できるように願いまして!

今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!