青森山田高校バスケスバイロンがJリーグに行けない理由!いわきFCとは?

こんにちは!

本日成人の日は高校サッカー決勝戦がありましたね!

私はリアルタイムで見ていたんですが、手に汗を握る熱戦で、近年の決勝の中でも一番面白い試合だったと思います!

結果的には青森山田高校の逆転勝ちでしたが、流通経済高校も強かったですね!

この決勝戦で2ゴールをあげた青森山田高校の10番檀崎選手もすごかったですが、

中でも、格の違いを見せた選手は青森山田高校の「バスケスバイロン」選手!

今回はそのバスケスバイロン選手について迫っていきます!

青森山田高校のバスケスバイロン選手のプロフィール!

まずはバスケスバイロン選手のプロフィールからみていきましょう!


プロフィール

名前:バスケス・バイロン
生年月日:2000年5月16日
国籍:チリ
身長:175cm
体重:70kg
利き足:左
経歴:東松山ペレーニアFC Jrユース→青森山田高校

です!

決勝戦では何度も右サイドを突破し、青森山田高校で一番危険な選手でしたね!

決勝戦のアシスト!

流通経済高校はバスケスバイロン選手に対し、2人でマークにつきますが、ものともしないドリブルで、優勝に大きく貢献していました!

こちらをご覧ください!

これはバスケスバイロン選手が、青森山田高校に入学してから決意表明をしたツイートです!

まさに有言実行です!とってもカッコイイですね!

バスケスバイロン選手は青森山田高校に入学当初は雪が降ることを知らなかったそうなんです!

「別の国に来たと思った」と話していたのは少し笑ってしまいました!

ちなみに10番の檀崎選手も小学校の卒業文で、「青森山田高校で全国制覇したい」 と書いていたそうです!

青森山田高校の2人エースが有言実行で大活躍したこの試合!目頭が熱くなってきますね!

ここまで注目されたバスケスバイロン選手ですが、解説ではいわきFCに加入予定となっています。

個人的にはもっとJリーグの上で活躍できる選手だと思っていたんですが、ここには少し悲しい理由があったんです。

バスケスバイロン選手はなぜいわきFC?

大会を通じてあれだけの活躍をしたバスケスバイロン選手です。当然、プロに加入するもんだろうと思っていましたが、

内定しているのは「いわきFC」というチーム。

東北社会人リーグで、1部ではあるものの、失礼な言い方と承知でいえばJリーグとは程遠いチーム。

これを聞いて、なんであんな逸材をJリーグは取らなかったんだ!と怒る人もいるかもしれませんね!(私もその1人です笑)

実はここには大きな壁があったんです。

国籍の問題

先ほどのプロフィールで紹介したように、バスケスバイロン選手は国籍チリとなっています。

となると、Jリーグには外国人枠というものが設けられているため、外国籍のバスケスバイロン選手加入には大きな壁となっていたんです。

通常、外国人枠は「助っ人外国人」と呼ばれるくらいですから、経験のある即戦力を求めます。

その貴重な枠1つを高校生のバスケスバイロン選手にあてるほど、余裕はないということですね!

確かに、Jリーグのクラブ事情を考えると仕方ないのかもしれません。

しかし、将来の日本にとっては大変な損失かもしれません。

バスケスバイロン選手は現時点ではチリの代表を目指すと言っていますが、もしJリーグでプロとして活躍をしていれば

日本代表の加入も視野に入れていたかもしれません。

日本にとって貴重なドリブラーを失ってからではもうお遅いです!早い段階で、プロの目が向けばいいですね!

いわきFC加入は大正解!

惜しくもJリーグで活躍する機会は遠のいてしまっていますが、内定している「いわきFC」は

バスケスバイロン選手にとっていい環境かと思います!

このいわきFCは「フィジカル革命」と言われるぐらい、フィジカルを鍛えるチーム!

黒田監督も言うように、足りないフィジカル面を鍛えるところとしてはうってつけです!

ここで、プロとして通用するフィジカルを作って、更なる成長に期待したいですね!

まとめ

今回は「青森山田高校バスケスバイロンがJリーグに行けない理由!プロフィールも!」ということで

青森山田高校優勝の立役者バスケスバイロン選手をみてきました!

これから、更なる活躍をみせる選手になってほしいですね!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!