3年A組|1話の最後にでた女性は何者?柊先生との関係と何があった?

こんにちは!

ドラマ3年A組の1話が放送されましたね!

放送前の期待を裏切らない内容で、釘づけにされてしまいました!

1話では目まぐるしいストーリーの展開でしたが、一番気になるのは

最後に登場した女性ではないでしょうか?

少し元気のない表情で、間違いなく次のストーリーの肝になる女性ですね!

そこで今回は最後に登場した女性は誰なのか?演じている女優についてもみていきます!

3年A組1話の最後に登場した女性を演じている女優が判明!

1話の最後のシーンに短時間ではありますが、出演したこの女性は一体何者なのでしょうか?

間違いなく、重要なカギを握る人物だということは予想できそうですね!

まずはこれを演じている女優さんが誰なのかみていきましょう!

最後に登場した女性を演じている女優は?

短時間でぱっと出演しただけですが、調べてみると「土村芳」さんであることがわかりました


土村芳(つちむらかほ)さんは最近では有名になってきていました!

「去年の冬、きみと別れ」にも出演されていましたね!

土村さんが演じたこの女性はいったい誰なんでしょう?

ストーリーのカギを握るこの女性は一体何者?

この女性が誰なのか調べてみるとすんなり分かりました(笑)

公式サイトによると「元咲宮高校教師の相楽先生」だということです!

ちなみに、相楽先生と一緒にでてきた男性(矢島健一さん演じる)は、相楽先生の父親ということです!

放送直後はこの女性が誰なのか情報が錯綜し、自殺した生徒景山澪奈なんではないか?という話がでていましたね!

私も正直、姉だと思いました(笑)

姉だとすれば、元気がなさそうな姿だったので、妹が自殺して悲しんでいるというストーリーがしっくりきますからね!

ですが、結果的には元咲宮高校の先生でしたから、また違うストーリーが展開されていきそうですね!

柊先生との関係と何があった?

相楽先生は1話の最後のほうに少しでてきただけですが、物凄い悲壮感が漂っていました。

予告編では父親が「あいつ(柊先生)は悪魔だ」と言っています。

柊先生との間に何があったのか?非常に気になります。

そこで、私の個人的な予想ではありますが、考察してみたいと思います。

柊先生と相楽先生の間に起きたことは?

柊先生は私立魁皇高校に着任する前は咲宮高校で勤務していた。

そこで、柊先生と相楽先生は同僚の関係となる。

柊先生は「相楽先生の担任しているクラスに気になることがある」「相楽先生の態度がムカつく」などのことから

相楽先生を学校から追い出そうと計画する。

柊先生は相楽先生を精神的に追い詰めるために、SNSで相楽先生の黒い噂を流し、学校にいづらい環境を作った。

相楽先生は追い詰められ、最終的に退職という形で学校を追いやられることになった。

こんな感じではないでしょうか?

このストーリーが展開されることにより、3年A組の元担任がどうして休職することになったのか?が明らかになっていくという展開が予想されます。

そのための、前準備なのかもしれませんね!

私個人の考察です。何か本編のストーリーと矛盾していることが、あれば是非コメントでご指摘ください!

第2話では正解がわかるかもしれませんね!

各話の伏線・謎をこの記事でまとめています。こちらもあわせてご覧ください!

【随時更新中】3年A組|各話毎の伏線・謎まとめ!ネタバレと徹底考察も!

2019年1月8日

まとめ

今回は「3年A組|1話の最後にでた女性は何者?柊先生との関係と何があった?」

ということで、最後に出てきた女性について調べてきました!

結果的には元担任の相楽先生でしたが、これからどんなストーリーが展開されていくか楽しみですね!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です