高島武彦が暴行した中学1年(13歳)は誰か調査!顔画像とひま部は危険?

こんにちは!

またかと呆れるニュースが入ってきましたね。

東京都の豊島区の広報課長の高島武彦が女子中学生に暴行を加えて逮捕されたという事件です。

この被害女子中学生は中学1年生の若干13歳だったというのです。

遂最近では新井浩文さんが、同じように女性に暴行を加えて逮捕されたばっかり。

それなのにまたかと、正直落胆してしまいました。

今回の事件のきっかけはひま部というチャット型の交流サイトがきっかけということです。ひま部について危険性をみていきます!

さらに被害にあった女子中学生は誰なのか、調べてみました!

高島武彦が利用してたひま部は危険?

まずは事件について詳細を振り返ってみましょう!


事件の概要

容疑者:高島武彦(56)

犯行日時:2018年10月23日の夜

犯行場所:東京都内の駐車場

容疑:性的暴行

被害者:女子中学生(13歳)

高島武彦は「ひま部」という学生向けのチャット型の交流サイトに男子高校生と偽って被害女性に接触。

被害にあった女子中学生からは、悩みなどの相談にのり、信頼関係を気づいたうえで、女子中学生の住所や学校などの個人情報を聞き出す。

高島武彦は女子中学生に「会いたい」と連絡をする。女子中学生は高島武彦に住所等の個人情報を握られている恐怖心から、断れずに会うことになった。

実際に女子中学生と高島武彦は接触をし、車でドライブをしているときに、駐車場に入り、そこで事件が起きた。

 

ということです。本当に許せない事件ですよね!

まだ女子中学生の詳細な証言は語られていませんが、恐らく高島武彦から脅されていたんではないかと思います!

女子中学生は「会いたい」という要求に対し。断りを入れるも、握っている個人情報で強迫したと予想します。

女子中学生の証言には「(断って)嫌われると家族などに危害が加わるかもしれないと思った」とありますので

高島武彦は「断ったら家族がどうなっても知らない」などと脅していた可能性はありますよね!

中学1年生で若干13歳の女生徒の将来を奪った高島武彦は本当に許されることではないです。

今回の事件は女子中学生が勇気をもって警察に届出たため、事件が表にでてきましたが、このように脅されて被害にあったことを口にだせない人たちもいるのではないかと思ってしまいます。

女子中学生と高島武彦が繋がったきっかけは「ひま部」という交流サイトでした。

ひま部は危険!

ひま部という学生向けの交流サイトですが、恥ずかしながら、私は初めてしりました。

これは全国の学生が利用する学生限定のコミュニティアプリということで、1日の投稿数は400万件を超えるという盛況ぶりだそうです!

見ず知らずの学生同士で、まさに暇つぶしのように、語り合い、交流をするSNSのようなアプリだそうですよ!

ですが、このひま部は学生限定としていますが、高島武彦が使用していたようになりすましが可能なため、犯罪に利用されているケースが多いため注意が必要です。

警察の発表によるとこのような被害にあったサービス以下のようになるとのことです!

1位 ツイッター 約40%

2位 ひま部 約11%

3位 ライン 約5%

となんとひま部が犯罪で使用されている割合は2位という恐ろしい結果になっています!

ツイッターはダントツ1位なので絶対に気をつけてくださいね!

ひま部自体が危険なのではなくて、利用の仕方によっては危険ということになります!

見知らぬ人に、個人情報を教えないということが安全に楽しむための必要な措置となりますので、気をつけて使いましょう!

高島武彦に暴行された女子中学生は誰?プロフィールと顔画像!

今回の事件の被害者である女子中学生は一体どういう人なんでしょうか?

プロフィールや顔画像がでているか調べてみました!

女子中学生のプロフィールと顔画像

今回の事件の被害にあった女子中学生について分かっている情報は

・東京都内在住

・中学1年生の13歳

ということだけになります。

調べてみても当然、女子中学生にかかわる詳細な情報はでていません。

女子中学生にとっては知られたくない事実ですから、今後も情報公開はないものと思われます!

女子中学生の学校は?

東京都内の中学校ということですので、全く絞り切れません(笑)

なんとおよそ800校程度の中学校があるようです!(公立と私立合計)

これだけあると予想もできませんね!

せめて都内の何区など絞られればいいのですが。

まとめ

今回は「高島武彦が暴行した中学1年(13歳)は誰か調査!顔画像とひま部は危険?」ということで

高島武彦が利用していたひま部と被害にあった女子中学生についてみてきました!

連続して起きている暴行事件ですが、今回の事件で歯止めがかかることを祈ります。

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!