囲碁最年少10歳でプロになった仲邑菫のプロフィールまとめ!学校・両親は?

こんにちは!

新年から嬉しいニュースが入ってきました!

小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さんが、史上最年少の10歳でプロ棋士になるということでした!

昨年は藤井さんが、将棋界で最年少記録を塗り替えりまくっていましたが、

棋士界では年齢はもう関係ないんですね!

記者会見はまだ子供という感じでしたが、強さはプロです!

今回は、史上最年少でプロの囲碁棋士となった仲邑菫さんについてプロフィール、学校、両親についてみていきます!

囲碁最年少10歳でプロになった仲邑菫のプロフィールまとめ!学校・両親は?

まずは記者会見の様子をご覧ください!

 

仲邑菫さんは笑顔がとっても可愛らしい小学校の女の子という感じという印象を受けました!

ですが、実力は本物。

これまで藤沢里菜女流が持っていた史上最年少記録11歳6カ月を大きく上回り10歳でプロ棋士になることが決定しました!

10歳の時の自分を振り返ると毎日、外でバカなことして遊んでいた記憶しかありません(笑)

その年齢で何かのプロになるってすごいですね!

これから女流囲碁棋士界を背負っていく人材になると思います!

それでは仲邑菫さんのプロフィールをまずはみていきます!

史上最年少囲碁棋士仲邑菫のプロフィール!

仲邑菫プロフィール

名前:仲邑菫(なかむらすみれ)

出身:大阪

年齢:10歳

英才特別採用:日本第一号に選ばれる

仲邑菫これでなかむらすみれってなかなか読めないですよね!

私は初めて仲邑という感じを見ました(笑)恥ずかしい。。

仲邑菫さんは囲碁の日本棋院が新設した制度「英才特別採用」の第一号に選出されます。

これは世界で戦える人材を若い年代から育成していく目的で作られたもので、世界的に囲碁のレベルが劣っている日本の将来を期待された逸材が選ばれるものです。

仲邑菫さんは女流界で世界と戦える人材になってくれると思います!

仲邑菫の学校は?

学校についてどの学校なのか、話がでていません。

まだ10歳ですし、個人的な情報を公開すると、色々と迷惑なことも起こりかねないですから、そういった配慮がされているんでしょう。

もし、今後わかり次第追記していきます!

仲邑菫の両親は?

父親はプロ囲碁棋士の仲邑信也九段です!

9段ということですから、実力は折り紙つき!

仲邑菫さんはサラブレッドで、小さい頃からプロ棋士の父親に教わっていたんでしょう!

さらに、母親もプロではありませんが、囲碁のアマチュアでは強豪の実力者です。

囲碁一家なんですね!

そんな家庭で育った天才少女仲邑菫さんは本当にこれからが楽しみです!

ネットの声

囲碁の最年少プロ棋士が誕生したということで、ネットの中でも慶びの声があがっています!

これから囲碁界が盛り上がってくれるいいですね!

ここではそんな声をまとめていきます!

 

 

これからの期待の声が多かったです!

活躍を見守りましょう!

まとめ

今回は「囲碁最年少10歳でプロになった仲邑菫のプロフィールまとめ!学校・両親は?」ということで

最年少記録でプロ囲碁棋士となった仲邑菫さんについてみていきました!

これからが更に楽しみですね!

女流囲碁棋士が世界と渡り合う未来もそう遠くないかもしれません!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!